胡蝶蘭の色

胡蝶蘭を贈る際には同時に立て札も付けられて贈られるのですが、この立て札には送り主のみ記載するパターンと、先方と送り主の双方を記載するパターンがありますので、どちらが良いか決めてから花屋に依頼を出しましょう。また、昇進祝いに合わせてメッセージなども贈ると心が籠った贈り物として、先方も喜んでくれることでしょう。文例やテンプレートとしてはこの度の○○(新たな役職名)へのご昇進、誠におめでとうございます、といったビジネス的な慣用句を簡素に記すだけでも十分ですので、余り凝りすぎて意味の伝わらないものにならないよう注意しましょう。

胡蝶蘭基本的に贈られる胡蝶蘭の色は様々なものが選ばれる傾向にありますが、胡蝶蘭は色によって花言葉や意味合いなどが変わるものですのでその点にも注意を向けると、一味違った評価を得られるかもしれません。白色の物は「清純」桃色の物は「あなたを愛しています」黄色の物は特定の花言葉でなく金運や商売繁盛の意味を持っています。その他の胡蝶蘭については特別な意味は特になく、白地に中心部が赤の胡蝶蘭は紅白の色合いから縁起が良いものとされ、紫の胡蝶蘭は高級感を演出するギフトとして選ばれる傾向にあります。贈る相手の好きな色として選ぶのも良いでしょうし、こう言った胡蝶蘭の色の意味を考えて贈るのも、先方が花の意味を知っていた場合とても喜ばれると思います。

参照HP【胡蝶蘭専門店 オーキッドスタイル【最短当日お届け】